Boboli の庭及び銀博物館

Boboli の庭及び銀博物館
最低料金 6.67

ツアーオペレーター Web95
Provided by Weekend a Firenze Srl
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

Palazzo Pittiへの予約入場は15分間隔で受け付けます。オンライン予約は最短1営業日で完了します。一回の予約入場人数は最高30人です。

予約手続き短縮のためショッピングバスケット方法を採用しています。ご希望のすべての美術館チケットをショッピングバスケットに入れ、最後に必要事項を入力して予約手続きが行えます。美術館オンライン予約の前に、必ず以下のご利用方法をお読み下さい。
Ordering Informations
重要事項: 予約お申込み手続きが正常に完了すると、次の2通のメールが送られてきます。①注文内容の控えメール(注文送信後すぐ)、②確認メール(1営業日後)。これらのメールを受け取るために、お客様のメールアドレスは正しく入力してください。また、アンチ・スパム・フィルターやウィルス対策ソフ[email protected]うご確認ください。(特にAOLメールをご利用の方)
ご注意: 最終的な予約確定日時は、必ずしもお申込みのご予約日時と同じとは限りません。その時間帯の予約チケットが売り切れの場合、美術館は自動的にご予約日のうちご予約時間に一番近い予約可能時間で予約を確定いたします。
開始時刻: 8.15 - 16.30 (2 月への11 月); 8.15 - 17.30 (3 月); 8.15 - 18.30 (4 月、5 月、9 月および10 月); 8.15 - 17.30 (夏時間が終わる) 10 月の月で; 8.15 - 19.30 (8 月への6 月) 。月の最初そして最後の月曜日を閉めた。

予約できる、特別な開口部:
月曜日2016年4月25日

解約規定:
取り消しとショーのために、確認コードが予約に割り当てられたら私達は手数料(予約料金及びオンライン予約料金) 引く未使用の切符の費用を払い戻すことができない。

詳細

かつてのトスカーナ大公たちの財宝のコレクションを所蔵している銀器博物館は、以前はメディチ家の夏期の邸宅として使われていたピッティ宮の左翼に位置し、1861年に1階と中2階が展示スペースとして選ばれた。コレクションの中心は元来ラルガ通り(現在のカヴール通り)のメディチ宮に保管されていたもの。15世紀にコジモ・ディ・メディチが始めたコレクションは、後に息子ピエロと孫のロレンツォ豪華王によって更に豪華絢爛なコレクションへと増大していった。又、ロートリンゲン公フェルディナンド三世がザルツブルグからフィレンツェにもたらした有名な財宝もある。最初の部屋は「ルーカ・ピッティの間」と呼ばれ、メディチの8つの胸像とメディチ家系図がある。次の部屋には、フェルディナンド二世とヴィットーリア・デッラ・ローヴェレの婚姻の折に、ジョヴァンニ・ダ・ジョヴァンニとその弟子によって描かれたフレスコのギリシャ神話とメディチ家の寓意画がある。 三番目の部屋は「ロレンツォの部屋」もしくは「暗い部屋」と呼ばれ、ロレンツォ豪華王のコレクションが並んでいる。小さな礼拝堂の隣にある3つの大きな部屋は、大公に謁見する客人を迎えていた間でフレスコの装飾が施されている。続く部屋には象牙の壺や、象牙彫り、聖具箱などが並んでいる。階段を上ると、博物館の財宝の中心となるコレクションが陳列されている。「カメオの間」やヨーロッパ中の宝石を買い求めたメディチ家最後の公女アンナ・マリア・ルイーザが所有していた宝石コレクション、ザルツブルグの財宝のコレクションと続く。小さな開廊を抜けると「東洋の間」や中国、日本製の陶磁器が並ぶ「陶磁器の間」、大きな銀食器の石膏型が並ぶ間と続く。再び階段を下りて1階に戻ると、琥珀や準貴石のコレクションを鑑賞することができる。

メディチ家、ロートリンゲン家のコレクションを所蔵する陶磁器博物館は1973年にピッティ宮の隣の建物「陵保殿」に設立された。この建物はメディチ家宮廷に仕えていた芸術家達を迎え入れる部屋として使用するためにメディチ家レオポルド公の命によって建設されたもので、その後の改築、増築を経てロートリンゲン家は宮廷の饗宴の場として利用した。1973年より博物館となった現在、これらの部屋にはメディチ、ロートリンゲン、ブルボン家の陶磁器コレクションが展示されている。この博物館には3つの展示室があり、それぞれテーマ別、時系列に展示されている。第1室には18世紀初頭から19世紀末までのイタリアとフランスの陶磁器が置かれている。 花柄、白と青の装飾、浅浮き彫りなど日本や中国からの影響を受けた食器一式は、長い間ロートリンゲン家に仕えたトスカーナの工場を特徴付けている。フランスの陶器では後にセーヴルと名を変えたヴァンセンヌの工場の製品が並ぶ。多様な色調のピンクと青の花柄模様が王室の人々が田舎で寛いでいる情景や花などのモチーフを包み込む装飾が特徴的である。支え部分に白と青の貝殻がついた枝状の装飾が施されている鮑をのせるための器は大変興味深い。第2室はウイーンの陶磁器が集められている。貴婦人や宮廷の生活の情景が描かれた新古典主義様式の素焼の小さな像が並んでいる。ウイーンの景色が絵付けされた食器一式や花柄がモチーフの壺や盆などがある。最後の部屋はベルリンのマイセンなどの陶磁器が展示されている。マイセンは初めて硬い生地を実験的に用い、中国の壺を真似た有名な壺を製造した。

の舞踏会が行われていた部屋で、イタリア、フランスの陶磁器コレクションが展示されている。主要なコレクションは、古代の物の複製を専門とするナポリにある王室御用達カポディモンテの工場の陶磁器によって構成されている。神々や著名人が絵付けされた素焼の小さな彫刻、王室の人々やローマ、エジプト、エトルリア時代の彫刻の面影を残す人の顔が象られたティーセットなどが並ぶ。宮廷の無邪気さや悪ふざけを思い起こさせる『熊の学校』という名の素焼の彫刻は歴史的、芸術的価値が大きい。ティーセットやカップの多くは不揃いの複雑な形をしている。また、この部屋にはのちにジノリとして知られるドッチャ工場による陶器も並ぶ。21338;物館ファッションは歴史を語り、芸術の形を表す。現在も過去もパーティや日常生活の会話の中心はファッションである。 ピッティ宮のメリディアーナ小宮にある衣装博物館は13室から成り、約600もの衣服、アクセサリーが陳列されている。衣装を展示するマネキンは様々な時代の人物やスタイルやサイズを展示できるようデザインされている。日差しや長期間の展示によるダメージを受けないように、展示品は二年毎に入れ替えられる。このように定期的な展示品の入れ替えによって、できるだけ多くの衣装の展示が可能となり、常に新しいアイデアや企画を生み出す博物館となっている。 この個性的な博物館は1983年にK.アッシェングリーン・ピアチェンティによって創設され、18世紀から現在までのコレクションを所蔵している。最近、メディチ家コジモ一世とエレオノーラ・ディ・トレドとその息子のドン・ガルシアの死装束が新たに16世紀のコレクションに加えられた。

展示は18世紀から19世紀の貴婦人の正装部門から始まる。女性が花形であった時代の上流社会の優雅で美しいドレスが豪華な部屋に一層花を添えている(第1室-3室、第9室-11室)。第一世界大戦後から第二次世界大戦までの女性のファッション部門に移動しよう。ファシズムは女性が妻であり母であるよう求め、簡素で地味な身なりをさせた。不必要な装飾などは全く存在しなかった。この専制支配下においては、女性は地味で実用的な衣服を身に付けていた。(第4-8室)。フローラ・ヴィッヒマン・サヴィオーリのコレクションの部門には、1958年から1968年にかけて製作されたジュエリーが展示されている。幾何学的なラインを持つシンプルでモダンなデザインのスチールや銀などの金属製のネックレス、ペンダント、宝飾品の数々である。最後に、長期間に渡る修復後の博物館再開の折、世界的に有名なデザイナー、フェレが博物館に寄贈したフェレ・コレクションがある。個性的なマネキンにディスプレイされた作品は、その装飾が彼のオリジナリティーを語っている。

庭の最初の部分はEleonora di Toledo のCosimo I de ' Pitti 家族からのMedici の妻によって1550 年に、買われた。美化はNiccol2o Pericoli のdetto Tribolo によって遂行された; 1555 年に彼の死の後で、仕事はGiorgio Vasari に先行させているDavide Fortini によって指示された。Ammannati はまた1560 年と1583 年間のプロジェクトに貢献し、まだ彼の名前に耐える中庭を設計する。 Ammanati の中庭の2 つの翼によって調和した全を作成するためにあとでだったAmphitheatre として知られていた大きい半楕円区域はBelvedere の丘のフィートの巨大な石造りの石切り場から掘られた。この視覚でBoboli のPitti 宮殿および庭を統一する建築特徴のサーブ。 1574 年のFrancis の後で私はグランデGrotta を設計した建築家のBernardo Buontalenti 助けを頼んだ。小洞窟はGiorgio Vasari の設計に続く1556 年と1560 の間で造られた魚池の変形によって作成された。小洞窟への入口の側面のニッチはBacchus の彫像を握り、Baccio Bandinelli (1552-1556 年) によってCeres 。1924 年まで、セメントの鋳造物と取り替えられたときに、ミケランジェロの囚人はコーナーに立った。早い17 世紀の間に、Cosimo I (1609-1621 年) の壮大なduchy の期間、庭はGherardo Mechini 及びGiulio Parigi の監督の下でSiena に対して戦争の間に造られた壁を越えて延長だった。庭の理想的な軸線は1612 年と1620 年の間に造られるBacino の印象的なdell'Isola (島の洗面器) に導くスギ道である。Giulio Parigi はVasca のdell'Isola (島の池) 、最初に柑橘類の耕作のために意図されている庭の最も暗示的なスペースの1 つおよび花にまた責任があった。最初に池の中心に壮大な公爵のFerdinando II 順序に1636 年にGiambologna's Oceanus の取り替えた金星の噴水はあった。その同じ年の間に、Giambologna が始めた、Pietro Tacca が完了した沢山の彫像は現在位置に置かれた。 18 世紀では、Medici の王朝はHapsburg ロレーヌ家族に通じた壮大なDuchy 消え。放棄の最初の期間後に、widescale の復帰の仕事は彫刻、建築、waterworks および植物を含むロレーヌ(1765-1790 年) のPietro Leopoldo の下で起こった。新しい建物はまたKaffeehaus (1775 年) およびZanobi del Rosso が、およびNiccol2o Gaspero Paoletti が1776 年に始めたPalazzina のdella Meridiana 設計しているLimonaia (1777-1778 年から組み立てられる柑橘類を上げる為の建物) を含む庭で造られた。デカダンスの新しい段階はNapoleonic 規則(1799-1814 年) の期間の間に起こった及び再度後英国様式の庭にBoboli を変形させる大公妃のElisa Baciocchi 壊れた試み。ロレーヌ家族の下の復帰はBoboli の庭の元の形式的な出現を元通りにした。1834 年に、Leopoldo II の下で、広い道のための方法をキャリッジのために適したようにするために迷路は破壊されPasquale Poccianti の設計に続く。19 世紀の間に、庭は豪華な戸外の催し物に背景幕を提供した。

Bardini の庭にフィレンツェ上の異常な眺めがある: Arno の川のレフト・バンク、Montecuccoli の丘および中世壁間の公園のその4 つのヘクタール。それはPalazzo Mozzi 及び余分の方に囲の菜園のシステム全丘後ろ最初にだった。18 世紀では、Giulio Mozzi の庭のファンは、モザイク底が付いている長い壁噴水が付いている特性を富ませる。19 世紀の真中に、バロック式の庭は19 世紀の初めにLuigi Le Blanc が作成した別荘Manadora の近隣のanglo 中国の庭の購入によって拡大した。 19 世紀の後半では、Carolath Benten 王子の購入は全特性ビクトリア朝の細部が付いている庭を富ませ。1913 年、骨董屋のStefano Bardini の購入に農業の庭の部分を持つPalazzo Mozzi 、バロック式の庭、anglo 中国の庭、および別荘Manadora が形作る複合体。Bardini は中世起源の囲まれた庭、およびリンクを破壊するArno の川からの別荘まで行くために道をサンGiorgio の2 つのpre-existent 建物作成する。 1965 年に彼の息子Ugo の死の後で、開始は大臣のおかげでPaolucci 1996 ので長い遺産問題、終わった。2000 年に、庭にアイデンティティ、compositive および植物の豊かさを与えEnte Cassa di Risparmio のディディミアムFirenze は、Fondazione Parchi Monumentali Bardini e Peyron による、ほぼ5 年を持続させた複合体の復帰を始める。トスカナ式の伝統の果樹が植わった農業公園では60 種類のhydrangeas が賞賛することができると大いにトンネルが歩くrond?-belvedere あり。バロック式の階段は都市上のBelvedere の庭の最も印象的な部分、であり、6 つの噴水はモザイク底を騙す。一連のbourbonian ばらおよびアイリスは階段に沿って植わった; 低い部分にオートムギ草の庭および緑の劇場ある。英国の庭では、それはまたシダ、viburnum 、完全な花、およびcitrics のコレクションを賞賛できるところに、anglo 中国の庭の部分、置かれるazaleas 守備につくだった。Bardi によってから、道は別荘の方に行き、フィレンツェの庭そして記念碑を両方賞賛することを可能にする。達された別荘Bardini の肋骨サンGiorgio で出ることができ、数分にBoboli の庭にことができれば、行く緑の7 キロメートルの後の都市に達する。

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

無料アクセス毎月第一日曜日。

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

コメント



ご注意:ご予約された場所へ入場するは、バウチャーのご提示がかならず必要となります。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2016 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95