Uffizi Gallery(ウフィッツィ美術館)

最低料金 9.59

ツアーオペレーター Web95 in collaborazione con Opera Laboratori Fiorentini
Provided by Weekend a Firenze Srl

Reservation form

1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

世界最古の美術館でもあり、イタリアNo1ともいえるフィレンツェにあるウフィッツィ美術館のチケット。予約なしでは長時間の列に並ばなければならないので、時間の節約にもなります。

予約時間は15分ごとです。
ご予約は、最大30人です。

予約をした方は下記特権がついてきます。

  • 最低25ユーロ無料のハードロックカフェギフトは、フィレンツェのカフェで購入できます。
  • ギフト手袋EFG(Via della Spada 28R):

    1. あなたが購入した手袋のブラインドや金スタンプで行わあなたのお名前のイニシャルのカスタマイズで提供されます。
    2. 10%の割引が100,00€を購入の上に付与されます

ボックスに、見学希望の日付、時間、チケットの種類、枚数を入力します。
購入チケットの詳細を確認し、支払画面に進みます。
E-mail、再度E-mail、名字、名前、バウチャー名(お申込者の名前)、参加者全員の名前、電話番号、住所、都道府県、国、郵便番号を記入します。
プライバシーポリシーの同意にチェックを入れます。
希望時間に空きがない場合、同日の一番近い時間に予約が入ることに同意するチェックを入れ、送信します。
予約オフィスから記入したメールアドレスに2通のEメールが届きます。まずオーダーフォーム送信直後に予約内容を確認するメールが届きます。1日営業日後に、予約確定を通知するメールが届きます。2通目を印刷して当日お持ち下さい。

 クーポンは次のURLでも表示可能です: http://www.weekendinitaly.com/get_vouchers2.php

ご希望の時刻にご予約が取れない場合は同日の一番近い時刻となります。

開館時間:火曜日〜日曜日:午前8時15分~18時 50分。月曜日休館。

特別な開口部

  • 2014年1月6日(月曜日)
  • イースターマンデー - 2014年4月21日

臨時夜の開口部:
博物館で>ナイト:2014年1月25日 (19時00分~23時00分)

キャンセルポリシー:
予約後の変更、キャンセルは可能です。キャンセルは手数料を除いた金額が返金されます。変更、キャンセルの場合は、help@waf.itに英語にてメールして下さい。変更、キャンセルの日本語サポートは行っていませんのでご注意ください。

ウフィツィ美術館(Uffizi Gallery)オーディオガイドのレンタルサービス

あなたは、日付、時刻、チケット番号を選択した後ウフィツィ美術館(Uffizi Gallery)への訪問のためのオーディオガイドを予約することができます。

オーディオガイドはで利用可能ですイタリア語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、日本語。

オーディオガイドは1時間25分の完全な持続時間を持っており、
イースター2012年から、オランダ語、フラマンの画家へのの新しいオーディオガイドで更新されます。サービスは、ギャラリーの芸術の最も重要な作品の選択を提供し、ユーザ希望する部屋を選択し、その部屋の選択された作品の説明に耳を傾けます。

あなたは、博物館への訪問O確認バウチャーと一緒に確認バウチャー(唯一のオーディオガイドのために有効)が表示されます。オーディオガイドを拾うためには、オーディオガイドデスクでは、このバウチャーを入金してください - 電子チケットを読み取るためのポイントの近くに - に沿って有効な身分証明書(受け入れられた唯一のオリジナルパスポートIDカードまたは運転免許)で

損失またはオーディオガイドを返すために障害が発生した場合に訪問者は、コストを支払うことを要求されます(
オーディオガイドのための250.00)

詳細

宮殿: Uffizi宮殿はフィレンツェの最も愛された記念碑の1つである。 大きい重要性、それの建築仕事は計り知れないほどの価値の傑作を保護する。 Cosimo Iのそれによって設計されていた16世紀の中間のまわりのジョルジョVasariによって依託した。プロジェクトを実現するためには、Vasariに破壊された区域を囲む建物の一部があった。 これらの中della Ninnaによるサン桟橋Scheraggioの教会。 Cosimoの意思私は管理上宮殿が名前を得る13および司法MagistratureまたはUffizi催すことができる宮殿を造るべきだった。 Vasariが死んだときに、Uffiziの構造はBuontalentiとアルフォンソParigiに引き渡された。 Buontalentiはフランチェスコの意志に従ってフィレンツェが劇場によってが上院の座席だったイタリアの首都だったときにTeatro MediceoをIの1586年にCosimo Iの息子、写し出した。建物にまたアルノの川の方に開くUの形と呼ばれる珍しく、単一U字形の形が、ある。建物の2つのボディは平行宮殿の中庭とアルノの川に開く6つの大きいアーチ形にされた窓を備えている接続の通路によって合接されてであり。ひものコースで分けられる建物の2つの床は宮殿の全長さに沿う操業が柱によって支えられる柱廊玄関に立ち。柱廊玄関のニッチで19世紀までの中世と彼ら自身を区別したFlorentinesの彫像はある。現在でPalazzoのdegliはUffiziアートワークおよび13世紀から18世紀それらに伴うから歴史の質のための世界の最も賞賛され、最も訪問された博物館の1つを催す: Uffiziのギャラリー。 1993で宮殿は損傷を経るAccademiaのdei Gergofiliの爆弾攻撃にかかわり、計り知れないほどの価値の失う; 、長い復帰の仕事の後で、元の素晴らしさへ戻ることに抵抗し、勝つことをどうにかして世界の家督に対する別の破壊行為。

フランチェスコ一世は宮内を移動する際に美術品を鑑賞できるよう、ウフィッツィ宮の3階にギャラリーを設け、そこにメディチ家所有の絵画や彫刻を集めた。 メディチ公家最後の公女アンナ・マリア・ルイーザが、メディチ家断絶後、この計り知れない価値を持つ美術品コレクションをトスカーナから流失させないという条件のもとで、大公国を継承するロートリンゲン家へ遺贈すると遺言を残したおかげで、このギャラリーは今なおかつ公に開かれた財としてフィレンツェに存在している。 現在、ウフィッツィ美術館はそのコレクションの重要性から世界でも有数の美術館として知られている。. 収集作品の一部は、経済、文化、美術的な取引を行っていた同業者組合からの委託によるもので、そのおかげでフィレンツェは、世界の芸術の中心とあり、イタリア内外の主要なアーティストたちにとって出会いと交流の場となった。 他の作品は個人からの寄贈、外交取引、古い修道院や王朝の遺産などから寄せられている。 入り口はヴェッキオ宮側の建物にある。入場券売場の先にサン・ピエル・スケラッジョの間があり、ウフィッツィ宮建設時に組み込まれたサン・ピエル・スケラッジョ教会の身廊の跡を見ることができる。現在はアンドレア・デル・カスターニョによるフレスコ画などローマや中世の時代の装飾が施された展示室となっている。 入場券売場からヴァザーリ設計の大階段を上って2階の踊り場に出ると、そこにはレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ポントルモ、ヴァザーリなどの画家達によるデッサンのコレクションを集めた「デッサン・版画の展示室」の入り口がある。このコレクションは歴史のある世界でも最も重要なもののひとつで、ロレンツォ・ディ・メディチの遺志によって始められ、後継者たちに引き継がれた。残念ながら現在は一般公開されていない。その展示室の隣には、古文書館と特別展示室が並ぶ。建物の3階が絵画館となっている。 第一回廊には宗教画、ルネッサンス絵画、フランドル絵画が展示されている。 絵画館入り口横の第1室は古代の美術品のみが集められているため「考古学の間」と呼ばれ、メディチ家のコレクションであったギリシャ・ローマ時代の胸像の石膏塑型や複製が置かれている。第一回廊には13世紀から16世紀までの作品が展示されている。回廊には彫刻と胸像が並び、天井にはグロテスク様式の動物や怪物やサテュロスやメディチ家の紋章がフレスコで描かれている。その下には世界中の有名人や君主たちの肖像が並んでいる。 第2室:13世紀、14世紀のトスカーナ絵画。ジョットの『オンニサンティの聖母子』、チマブーエの『荘厳の聖母』、ドゥッチョの『玉座の聖母子』の祭壇画が並んでいる。 第3、4室:14世紀フィレンツェ派とシエナ派。アンドレア・ディ・チョーネ作『聖マタイの生涯』、アンブロージョ・ロレンツェッティ作『神殿の奉献』、ベルナルド・ダッディなどの作品がある。 第5、6室:15世紀前半の国際ゴシック様式の絵画。ロレンツォ・モナコによる『マギの礼拝』など。 第7室:初期ルネッサンス。パオロ・ウチェッロの『サン・ロマーノの戦い』、フラ・アンジェリコの『聖母戴冠』、ピエロ・デッラ・フランチェスカの『ウルビーノ公の肖像』など。 第8、9室:フィリッポ・リッピによる『聖母戴冠』『マギの礼拝』。アントニオ・デル・ポッライオーロの『ヘラクレスの荒業』など。 第10~14室:ボッティチェッリの代表作『春』『ヴィーナスの誕生』や『マギの礼拝』『聖マグダラのマリア』『聖母戴冠』やフランドル絵画が並ぶ。 第5室:レオナルド・ダ・ヴィンチの『マギの礼拝』『受胎告知』やペルジーノの『ピエタ』など。第18室:トリブーナと呼ばれる八角形のこの部屋には、16世紀のフィレンツェ絵画が並ぶ。真っ赤な壁一面にポントルモによるメディチ家の肖像画やロッソ・フィオレンティーノの『楽を奏でる天使』やアンドレア・デル・サルトなどの作品が飾られている。第19~23室:15、16世紀のドイツ絵画とイタリア中部エミリア・ロマーニャ地方の画家の作品やフランドル派。ルーカス・クラナッハの『アダムとイブ』やアンドレア・マンテーニャの祭壇画『マギの礼拝』やコッレッジョの『幼子の礼拝』がある。 第二回廊は、二つの建物を結ぶ渡り廊下となっており、大きく広がるガラス窓からは、フィレンツェの美しい街並みを見渡すことができる。ここからの眺めは、フィレンツェの街を取り囲む美しい丘やアルノ河と、にぎやかな通りやヴェッキオ橋が調和して、まるで絵葉書のように素晴らしい。天井にはグロテスク様式のフレスコ画が広がり、そこには鳥や植物に囲まれた蔓棚も描かれている。 第二回廊にある唯一の間は、細密画の間となっている。当初、この間は「偶像の間」と呼ばれブロンズ像のコレクションが置かれていたが、その後ロートリンゲン家のクリスティーナの宝石が置かれるようになると「婦人の間」と呼ばれるようになった。楕円形の部屋には、メディチ家レオポルド公が収集した細密画の肖像画が並ぶ。大理石モザイクの床はまるで大きな絨毯のようである。 回廊には、神々や英雄の力強い筋肉や女性らしいしなやかな体つきを見事に表現したローマ時代の彫刻がずらりと立ち並んでいる。 ミケランジェロ、Raffaello Sanzio およびRosso Fiorentino のような世界的に有名な芸術家による16 世紀のアートワークは第3 通路のコレクションを開ける。2 前の物のように、第3 通路はgrotesque をfrescoed 動物、有名な人格およびMedicean の達成を描写する地下を備えている。ここによくとして' 世界およびローマの彫像からのすべてに特許権使用料とのJovian シリーズの肖像画がある。 博物館の細道は16 世紀のフィレンツェペインターを催す部屋と25- 27 を再度始める、: ミケランジェロBuonarroti によってTondo Doni かSacra Famiglia はサンGiovannino を騙す; Ridolfo del Ghirlandaio のLa Coperta di ritratto によって; Raffaello Sanzio のLa Madonna del cardellino によって; Andrea del Sarto のLa のMadonna のdelle Arpie によって。Rosso Fiorentino のLa のMadonna col のBambino e Santi の劇的なmanierism を導入するアートワークによるEmmaus のPontormo Cena 著。Tiziano は16 世紀のベニス風の芸術(部屋28) の最も有名な説明者として表される: 芸術家によるLa のVenere のd'Urbino 、植物相がある。16 世紀(部屋29-34) のヨーロッパのイタリアの絵画の例の間: Tintoretto Leda e のil のcigno (Leda 及び白鳥) によって、Giorgio Vasari のLa のfucina di Vulcano (火山の) による炉Parmigianino Madonna dal のcollo のlungo (長い首を持つ賛美されたメリー) による。 17 世紀から、Isabella ブラント、馬に乗るスペインのFilippo IV のDiego Velasquez の肖像画とのRubens 。女王の名にちなんでNiobe 名付けられる部屋によって続かれる: それらに対して致命的な矢を撃っているアポロ及びダイアナの致命的な激怒から彼女の子供を保護することを試みている女性を描写するmythological 主題に基づく彫刻(部屋42) 。そこにBacchus の例、Isaac の犠牲およびCaravaggio によってクラゲを通って17 世紀のコレクション次; レンブラント著Canaletto (部屋44) 著年少の自画像およびベニス風のforeshortenings および眺め。この最後の隣に部屋は棒とBrunelleschi によってPalazzo Vecchio 及びキューポラにそびえているArnolfo di Cambio によってタワーのような都市の建築傑作を賞賛できるギャラリーの台地への入口ある

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様, 65歳以上のEU市民。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

 

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

コメント

WARNING: Admission to the museum will be denied without the presentation of the voucher. Presenting a copy of the order form does by not give you the right to be admitted to the museum. No exceptions can be made to this rule.

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2014 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95