Palatina and Modern Art Gallery

Palatina and Modern Art Gallery
最低料金 8.49

ツアーオペレーター Web95
Provided by Weekend a Firenze Srl
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

Palazzo Pittiへの予約入場は15分間隔で受け付けます。オンライン予約は最短1営業日で完了します。一回の予約入場人数は最高30人です。

予約手続き短縮のためショッピングバスケット方法を採用しています。ご希望のすべての美術館チケットをショッピングバスケットに入れ、最後に必要事項を入力して予約手続きが行えます。美術館オンライン予約の前に、必ず以下のご利用方法をお読み下さい。
Ordering Informations
重要事項: 予約お申込み手続きが正常に完了すると、次の2通のメールが送られてきます。①注文内容の控えメール(注文送信後すぐ)、②確認メール(1営業日後)。これらのメールを受け取るために、お客様のメールアドレスは正しく入力してください。また、アンチ・スパム・フィルターやウィルス対策ソフ[email protected]うご確認ください。(特にAOLメールをご利用の方)
ご注意: 最終的な予約確定日時は、必ずしもお申込みのご予約日時と同じとは限りません。その時間帯の予約チケットが売り切れの場合、美術館は自動的にご予約日のうちご予約時間に一番近い予約可能時間で予約を確定いたします。
開始時刻: 日曜日への火曜日: 8:15 から18:50; 月曜日に閉められている

解約規定:
取り消しとショーのために、確認コードが予約に割り当てられたら私達は手数料(予約料金及びオンライン予約料金) 引く未使用の切符の費用を払い戻すことができない。

パラティーナ美術館のためのタブレットビデオガイド

パラティーナ美術館ロイヤルアパートと現代アートギャラリーのためのビデオタブレットガイドレンタルサービス

ガイドツアーの所要時間は2時間30分で、博物館当たり約50作品の説明が含まれています


ビデオガイドで利用でき、英語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語。

デジタル製品の鮮度にカタログの完全性を兼ね備えていますガイド。グラフィック壁の再建、すべての作品が展示、それはクリッカブル作りは、パラそのまま複 雑で豊かなアートギャラリーでは、より良い移動するための効果的なコンパスを構成している。テキスト、音声、画像は、それぞれの作品は、その適切な場所を 見つけている芸術の世界へとあなたをキャスト。

歴史の中での作業とその作者を文脈ための基本的な詳細な分析の貴重な配列を提供するギャラリーの傑作のファイル。テキストと情報の質は、ポロMusealeフィオレンティーノの監督によって認定されています。

完全にすべてのことかを学ぶために、ギャラリーの訪問を楽しむために欠かせないツールにはについての詳細を知りたい作品博物館に展示されている偉大なアー ティストの伝記を読んで、ディスプレイ上の以上900の絵について知っておくべき分野の最新の研究では、宮殿の中で最も重要な部屋の歴史を発見する。

あなたは、博物館への訪問の確認バウチャーと一緒に確認バウチャーを(唯一のビデオガイドのために有効な)を受け取ります。タブレットを拾うためには、有 効な身分証明書(唯一のオリジナルのパスポート、 IDカードや車の免許を受け入れた)と一緒に、予約キャッシャーでこのバウチャーを入金してください。

損失またはデバイスを戻すには障害が発生した場合、訪問者は、コストを(各オーディオガイドあたり€ 250.00 )を支払うよう要求されます。

詳細

ピッティ宮はアルノ河対岸の小高いボーボリの丘のふもとにそびえ立つ大きな建物である。 15世紀後半、フィレンツェの銀行家ルーカ・ピッティがフィリッポ・ブルネッレスキにその設計を依頼したが、実際には建築家ルーカ・ファンチェッリが手掛けたようである。ピッティ宮の建設や拡張工事は4世紀にも渡る長い歳月に及んだ。最初の頃のピッティ宮は現在の姿よりも規模が小さく、外壁が切石積みで覆われた2階建ての建物であった。ドリス、イオニア、コリントの古典様式を持ち合わせた簡素でバランスの取れたルネッサンスの建築様式である。後の拡張工事によってピッティ宮は現在の姿に変わった。1550年頃コジモ一世はここにメディチ家の宮殿を築こうとこの建物を買い取り、1558年にはバルトロメオ・アンマンナーティにピッティ宮を完成させ拡大させる任務を与えた。アンマンナーティは中庭を造り、それを囲む切石積みの二翼を付け足した。ボーボリ丘の名をとった壮大なボーボリ庭園を建設したのはニッコロ・トリブーロである。1565年に大公は、家族が敵の攻撃の危険にさらされず自由に行き来できるよう、シニョーリア広場からアルノ河対岸のこの私邸ピッティ宮を結ぶ長い渡り廊下の建設をヴァザーリに命じた。1618年になるとジュリオ・パリージによって2階建ての2つの建物が加えられ建物の拡張が行われた。1640年にはアルフォンソ・パリージが跡を継いでファサード正面を拡大し、ほぼ現在見られる姿になった。ロートリンゲン公治世になるとピッティ宮前の広場を包み込むような二翼が造られた。フェルディナンド二世は1階にある夏の催しのための間と、2階にあるヴィットーリア・デッラ・ローヴェレとの婚姻を考慮した邸宅の装飾を望んだ。ジョバンニ・ダ・サンジョヴァンニやピエトロ・ダ・コルトーナなど有名な芸術家達が徴集され、宮殿を飾る作品を制作した。18世紀末には新古典主義様式のメリディアーナ小宮がガスパーレ・マリア・パオレッティとパスクァーレ・ポッチャンティの設計によって造られた。現在、ピッティ宮にはボーボリ庭園とパラティーナ美術館、銀器美術館、陶磁器博物館、衣装博物館、馬車博物館、近代美術館が含まれている。

パラティーナ美術館は、1828年にレオポルド公によって一般に開かれた。内部は当主の好みで飾られていた当時の様子を再現しているため、展示の順序は年代、作家別に並べられていないが、プライベートコレクションの雰囲気がよく伝わってくるといえよう。この美術館の歴史はメディチ家の、特に枢機卿レオポルド(1613-1675)枢機卿ジョバンニ・カルロ(1611-1663)フェルディナンド王子(1663-1713)による文芸擁護と収集の歴史と深く関わっている。彼らは邸宅を飾るという個人的な利用のために美術品を収集し、展示を目的とする美術品の陳列場所はウフィッツィであった。ハプスブルグ、ロートリンゲン家のおかげで、コレクションは増え続け、メディチ家の宮に再び集められた。美術館はピッティ宮の2階にあり、実に28室にも及ぶ。「スタッフィエリの控の間」「彫刻の間」「壁龕の間」を通って美術館の第1展示室に出る。「彫刻の間」にある絵画『抜歯する者』は、1991年に行われたX線検査によってカラバッジョのサインが認められた。キャンバスは1637年のフィレンツェ製で、カラバッジョの後期の作品とされる。又、ルーベンスの『復活したキリスト』(1616年頃)はその独特な図像学から訪れる者の目を惹きつけてやまない。「ヴィーナスの間」から「イリアスの間」まで道順は一直線である。「惑星の間」の各部屋、すなわち、「ヴィーナスの間」(金星)、「マルスの間」(火星)、「ジュピターの間」(木星)、「サトゥルヌスの間」(土星)にはピエトロ・ダ・コルトーナ(1596-1669)と仕上げをした彼の弟子チーロ・フェッリ(1634-1689)による華やかなフレスコ装飾が施されている。部屋に惑星の名が付けられたのはおそらく、メディチ家の庇護にあったガリレオ・ガリレイに敬意を表してであろう。ミケランジェロ・ブオナッローティ・イル・ジョヴァネから助言を与えられたテーマは、メディチの繁栄を祝福する寓話で、コジモ三世とその息子のフェルディナンド二世がヘラクレスと共に描かれている。

部屋の中央にある『イタリアのヴィーナス』は彫刻家アントニオ・カノーヴァ(1757-1822)の代表作。ウフィッツィ美術館のトリブーナにあった『メディチ家のヴィーナス』をナポレオンがパリに持ち去り、その替わりに置くために作られた。その後1815年『メディチ家のヴィーナス』が返還されたため、このカノーヴァのヴィーナスはピッティ宮に移されることとなった。天井には、ミネルバによって愛の女神ヴィーナスから引き離されヘラクレスのもとへと導かれる王子の姿が描かれている。ルネットには著名人の肖像が描かれ、石膏の円形浮き彫りはメディチ家の人々の肖像がモチーフとなっている。 この部屋にはティツィアーノ(1490-1576)の4つの傑作がある。メディチ家レオポルド公が1654年にジョルジョーネの作品として購入した『コンチェルト』は、今日では、多くの批評家からはジョルジョーネの影響を受けた若き日のティツィアーノの作品(1510-12頃)だという声が多く上がっている。中央に音楽家、その脇に小鳥とリュートを携えた修道士が描かれている。以前はこの人物達は、カルヴィーノとカテリーヌ・ファン・ボーレと共にいるルターとして見なされていたが、今日、批評家達の間では人の三世代という解釈がされている。『教皇ユリウス二世の肖像』(1545年)は、ティツィアーノがラファエッロの原作を模写したものである。『美しき女』と『ピエトロ・アレティーノの肖像』は疑いの余地なく1545年のティツィアーノの作である。襟の褐色、衣服の赤褐色など、輝きのある華やかな赤の色使いは人物に威厳を与えている。この部屋を去る前に、ルーベンス(1577-1640)の大きな二点の風景画『畑仕事の帰り』と『フェアーチ島のユリシーズ』、ナポリの画家サルヴァトーレ・ローザ(1615-1673)の二つの『海』(1640-49)とグエルチーノ(1591-1666)の『マルシアの皮を剥ぐアポロ』を鑑賞するのを忘れてはならない。

この部屋にも前室と同様、天井にはピエトロ・ダ・コルトーナと弟子チーロ・フェッリによるフレスコ画がある。太陽神アポロと対話する王子、世界の重みを担うヘラクレス、又、ニンフとアトラースも描かれている。角にはムネーモシュネーの9人の子である女神ミューズたちが描かれている。ルネッテに描かれているのは芸術の保護者として有名な古代の人々である。 ロッソ・フィオレンティーノ(1495-1540)による『玉座の聖母子』(1522)はフィレンツェのサント・スピリト教会のために制作されたものだが、彼のマニエリズムを手掛け始めた頃の手法が見受けられる。アンドレア・デル・サルト(1486-1530)の『ピエタ』『聖家族』はこの2年ほど後に制作された。この部屋には有名なティツィアーノの『若き英国人』(もしくは『紺碧の目の紳士』)と『マグダラのマリア』もある。『若き英国人』は、灰色と黒の暗い色調によって厳粛さが醸し出され、人を魅了する視線を放つ人物のモデルは不明である。『マグダラのマリア』は、絵の下の部分に画家のサインが認められており、幾度となく模写され、1990年代の修復によってより一層の輝きを取り戻した。ヴェネツィア派のティントレット(1518-94)の『フランチェスコ・ゼーノの肖像』、1600年代のボローニャ絵画を代表するグエルチーノの初期の作品『タビタの復活』やグイド・レーニ(1575-1642)の『クレオパトラ』も見逃せない。又、フランドル派やルーベンス派の作品も並んでいる。

天井のフレスコ画はピエトロ・ダ・コルトーナの『メディチ家の栄光』(1645-47)で、中央にメディチ家の紋章が描かれている。内側にはフェルディナンド二世の名が書かれ、彼の武勇を誇っている。天井の端には荒波に押し流された船が描かれている。

この部屋には、ヴェネツィア派の肖像とフランドル派とスペインの作品が並んでいる。ヴェロネーゼ(1528-1588)の『男の肖像』(1550-60)は白と黒の筆づかいが人物に威信と尊厳を与えている。ルーベンスの『戦争のもたらすもの』はバロックの寓意画の際立った作品で、同画家による『4人の哲学者』は文学、哲学的隠喩が描かれた作品である。ファン・ダイク(1599-1641)の『枢機卿べンティヴォーリョの肖像』はボローニャの教皇使節がモデルとして描かれている。

この部屋はフェルディナンド大公が訪問客との面会の場として使っていた王座の間であった。この部屋の天井のフレスコ画もピエトロ・ダ・コルトーナによるもので、ヘラクレスと勝利の女神によって導かれた王子に冠を授ける人類と神々の父ゼウス(ジュピター)が描かれている。部屋の中心にはヴィンチェンツォ・コンサーニによる大理石の彫刻『勝利』(1859)が置かれている。 この部屋の壁に飾られた作品を鑑賞し始める前に、通説ではピエロ・ポッライオーロ(1443-1496)の作品と言われる『聖ヒエロニムスの頭』をじっくりと見てみたい。この肖像画の作風はレオナルド・ダ・ヴィンチ風であり、又アンドレア・デル・ヴェロッキオ(1435-1488)の作風に酷似しているため、今日、専門家の間ではこの作品はヴェロッキオによるものいう見方が多い。美術史上、『人の三世代』の作者が誰であるかについては、ジョヴァンニ・ベッリーニ、ロレンツォ・ロットなど#35079;数の名が挙げられていたが、 1987年の修復によって若き日のジョルジョーネ(1477-1510)のものだと明らかになった。傑作中の傑作、ラファエッロの『ヴェールの女』(1516)は、ヴァザーリ伝にはラファエッロの愛人であったシエナのフランチェスコ・ルーティの娘<ラ・フォルナリーナ>ことマルゲリータがモデルとなっていると記されている。有名なアンドレア・デル・サルトの『洗礼者聖ヨハネ』は古典的な美しい青年のように描かれている。この部屋にはブロンズイーノ(1503-72)、ジョヴァンニ・ランフランコ(1582‐1647)、フラ・バルトロメオ(1472‐1517)など他にもたくさんの偉大な芸術家達の作品が並んでいる。この部屋を出る前に、ポッチェッティ(1548-1612)とヤコポ・リゴッツィ(1547-1627)がデザインした、上面が準貴石のモザイクで飾られたテーブルをじっくり鑑賞してみたい。

この部屋のフレスコ画は、オリュンポス山に導かれたメディチ家王子の神格化が描かれている。この寓意画はピエトロ・ダ・コルトーナがデザインしたのだが、ローマ法王の元へ招かれたためフェルディナンド二世の望んだ計画を遂行できず、弟子のチーロ・フェッリの手によって描かれることとなった。この部屋はラファエッロの傑作で知られており、一番古い『大公の聖母』(1506年頃)はペルジーノを手本にしていた頃の作品を凌いでいる。この初期の『聖母』からはレオナルド(1452-1519)の影響を受けた後期の作風への移行が読み取れる。 又、同じくラファエッロによる1506年から1507年にかけての作品『アンニョロ・ドーニの肖像』と『マッダレーナ・ドーニの肖像』も有名である。未完の作品として知られている『天蓋の聖母』は、1508年ラファエッロがローマに発たねばならなかったために完成させることができなかったもの。『インギラミ枢機卿の肖像』(1510)、丸いスペースの中に巧みに聖母子の位置関係を収めた『小椅子の聖母』(1513-14)、ヴァチカン美術館絵画館所蔵の『キリストの変容』の荘厳さを思い出させる『エゼキエルの予言』(1518)も並ぶ。ペルジーノ、フラ・バルトロメオ、アンドレア・デル・サルトなどによるの重要な作品からは革新的なマニエリズムへ移行と古典的な価値が見出せる。

トスカーナの新古典主義、自然主義、トスカーナの印象派、マッキアイオーリ派の作品が並ぶ。美術館の順路はまずトスカーナの新古典主義から始まる。デミドフ、ハプスブルグ、ロートリンゲンなどイタリアの統一前に権力を振るっていた名家の人々の肖像画が並んでいる。 第5室にはフランチェスコ・ハイアーツのロマン主義の絵画を象徴する『サムソン』、第7、8室にはフィレンツェがイタリア王国の首都であった時代のアントニオ・チセーリの肖像画がある。そして暖かい色彩の陽気な1800年中頃の風景画や、マッキアイオーリ派の有名な絵画が中心のディエゴ・マルテッリのプライベートコレクションと続く。フィレンツェ出身の彫刻家であり画家であり又作家でもあるアドリアーノ・チェチョーニの作品はイタリア独立戦争と統一後のイタリアの変遷を描いている(第 12-13室)。ジョヴァンニ・ファットーリは当時カヴール通りの「カフェ・ミケランジェロ」に集ったマッキアイオーリ派と呼ばれる画家のグループの中心人物であった。彼らはアカデミー派に反発して、フランスの印象派に影響を受け、自然のなかに教えを求め、伝統的技法を放棄し、明暗法における色彩の点描、すなわちマッキア(染みという意)は絵画において重要要素であると主張した。この反アカデミズムの運動は19世紀イタリア画壇に旋風を巻き起こした。ファットーリはトスカーナの風景や人々、又、軍隊生活を賞賛することなく描いている。主な作品として『クルークストーンのマリア・スチュワート』『戦いの後のマジェンダの戦場』(第12、13室)『騎兵隊の突撃』(第21室)『大波』(第18室)『落馬者』『疲れた馬』(第23室)などがある。テレマコ・シニョリーリは『ポルトフェッライオの刑務所』『カレッジの庭』など同時代の生活の様子を描いている(第23室)。フィレンツェからローマへのイタリア王国の遷都、リソルジメント(イタリア国家統一運動)、イタリア統合など、描かれるテーマは時代を反映するようになる。第25室には企業家エミリオ・ガリアルディーニの第二次世界大戦後のコレクションである43点の絵画が展示されている。その一つにヴィンチェンツォ・カビアンカの『パレストリーナの光と影』がある。 20世紀のフィレンツェには新しい絵画的表現の流れが見られる。生命力を感じさせる新しい表現方法を模索しながら、人々の不安や世界の不安定さに注意が向けられている。第27室にあるフェリーチェ・カレーナによる『裸の女』はその例のひとつである。第29、30室には、バッチョ・マリア・バッチやリベロ・アンドレオッティなど自然主義のイタリアの伝統的な作品が並ぶ。美術館の扉の向こう側では、人物や風景、子供たちの遊びや戦争の敵意、日常生活や宮廷の絢爛さなど、過ぎ去った時代やトスカーナの生活が偉大な画家や無名な画家達によって語られている。

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

無料アクセス毎月第一日曜日 

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

コメント



ご注意:ご予約された場所へ入場するは、バウチャーのご提示がかならず必要となります。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2016 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95