Bargello Museum

Bargello Museum
最低料金 7.50

ツアーオペレーター Web95
Provided by Weekend a Firenze Srl
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

Bargello Museumへの予約入場は15分間隔で受け付けます。オンライン予約は最短1営業日で完了します。一回の予約入場人数は最高30人です。

予約手続き短縮のためショッピングバスケット方法を採用しています。ご希望のすべての美術館チケットをショッピングバスケットに入れ、最後に必要事項を入力して予約手続きが行えます。美術館オンライン予約の前に、必ず以下のご利用方法をお読み下さい。

Ordering Informations
重要事項: 予約お申込み手続きが正常に完了すると、次の2通のメールが送られてきます。①注文内容の控えメール(注文送信後すぐ)、②確認メール(1営業日後)。これらのメールを受け取るために、お客様のメールアドレスは正しく入力してください。また、アンチ・スパム・フィルターやウィルス対策ソフ[email protected]うご確認ください。(特にAOLメールをご利用の方)
ご注意: 最終的な予約確定日時は、必ずしもお申込みのご予約日時と同じとは限りません。その時間帯の予約チケットが売り切れの場合、美術館は自動的にご予約日のうちご予約時間に一番近い予約可能時間で予約を確定いたします。

 

営業時間:午後01時50分に午前8時15分。

閉まっている:

  • 月の2と4日曜日
  • 月の1、3、5月曜日


午後5時から午後8時まで木曜日に臨時開口部:

  • 5月12日から6月30日まで
  • 8月1日から10月1日に

 

解約規定:
取り消しとショーのために、確認コードが予約に割り当てられたら私達は手数料(予約料金及びオンライン予約料金) 引く未使用の切符の費用を払い戻すことができない。

オーディオガイドバルジェッロ博物館を借りるには:

オーディオガイドはイタリア語と英語で用意されています。

ガイド付きツアーの期間は1時間40分です。サービスは、ギャラリーの中で最も重要な作品の選択を提供し、ユーザーが希望する部屋を選択し、その作品の選択について説明します。

あなたは、博物館への訪問O確認バウチャーと一緒に確認バウチャー(唯一のオーディオガイドのために有効)が表示されます。オーディオガイドを拾うために、有効な身分証明書(受け入れられた唯一のオリジナルパスポート、IDカードまたは運転免許)と一緒に、レジの近くに、本屋でこのバウチャーを入金してください。

損失またはユニットを返すために障害が発生した場合には、訪問者(各ユニットの€250.00)は、コストを支払わなければなりません。

詳細

バルジェッロ宮は1225年、フィレンツェ貴族から民衆を守るため攻撃を受ければ抗戦できるよう要塞、兵器庫としての機能を備えた建物として建設された。最も古い行政の本拠地で、司法長官の官邸でもあったため、ポデスタ宮の名で知られるようになった。16世紀になると、警察署となり、その後牢獄となった。そこから警察署を意味するバルジェッロという名で呼ばれるようになった。1865年にミケランジェロ、ドナテッロ、チェッリーニ、ジャンボローニャなどの素晴らしいルネッサンス期の彫刻コレクションを所蔵する現在のバルジェッロ美術館に変身した。

中世の中庭の壁は、かつての居住者たちの紋章で飾られており、ボーボリ庭園で発見されたジャンボローニャの『大海』など16世紀の彫刻が並んでいる。中庭の中心には当時処刑が行われていた井戸が残っている。ここからミケランジェロの傑作『聖母子(トンド・ピッティ)』『バッカス』やギリシャ神話がテーマの彫刻が置かれている最初の部屋に行くことができる。

1階には、他にチェッリーニ作『コジモ一世』の胸像やジャンボローニャの『ピサを征服するフィレンツェ』『メルクリウス』などの作品がある。

2階の天井の高い「代表委員会の間」には、ドナテッロの大理石像『若いダヴィデ』(1408年頃)、もとはオルサンミケーレ教会の外壁に飾られていた『聖ゲオルギウス』(1416-19年)、また1430年に制作されたブロンズ製の『ダヴィデ』像がある。

「象牙細工の間」には5世紀から17世紀までの265もの絵画、陶器、聖遺物箱などが並び、「ポデスタの広間」にはカランコレクションの工芸品の数々が展示されている。

隣接する「サンタ・マリア・マッダレーナの礼拝堂」と「聖具室」はかつての処刑囚が処刑を待つ場所であった。壁に描かれたフレスコ画『天国と地獄』はジョット派のものである。「イスラムの間」にはメディチ家、カランコレクションに含まれていたイスラム美術の作品が集められている。西アジアからのタペストリー、稀少な木製のパネル画や彫刻、ヴェネツィアングラス、宝石などが展示されている。「マヨルカの間」にはウルビーノ、シエナ、オルヴィエート、フィレンツェの陶器が並んでいる。

3階に上がると、陶器の像が並ぶ二つの間「ジョバンニ・デッラ・ロッビアの間」と『少年の胸像』など置かれる「アンドレア・デッラ・ロッビアの間」がある。又、中世の武器の数々が並ぶ「武器の間」、イタリアのメダルコレクション、ルネッサンス時代のブロンズ小像のコレクションなどがある。

開始時刻: 8:15 から13:50; 月の月および二番目におよび第4 月曜日の最初の、第3 そして第5 日曜日を閉めた。

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

無料アクセス毎月第一日曜日

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

コメント



ご注意:ご予約された場所へ入場するは、バウチャーのご提示がかならず必要となります。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2016 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95