San Marco Museum

San Marco Museum
最低料金 5.00

ツアーオペレーター Web95
Provided by Weekend a Firenze Srl
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

San Marco Museumへの予約入場は15分間隔で受け付けます。 オンライン予約は最短1営業日で完了します。 一回の予約入場人数は最高30人です。

予約手続き短縮のためショッピングバスケット方法を採用しています。ご希望のすべての美術館チケットをショッピングバスケットに入れ、最後に必要事項を入力して予約手続きが行えます。美術館オンライン予約の前に、必ず以下のご利用方法をお読み下さい。

Ordering Informations
重要事項: 予約お申込み手続きが正常に完了すると、次の2通のメールが送られてきます。①注文内容の控えメール(注文送信後すぐ)、②確認メール(1営業日後)。これらのメールを受け取るために、お客様のメールアドレスは正しく入力してください。また、アンチ・スパム・フィルターやウィルス対策ソフ[email protected]うご確認ください。(特にAOLメールをご利用の方)
ご注意: 最終的な予約確定日時は、必ずしもお申込みのご予約日時と同じとは限りません。その時間帯の予約チケットが売り切れの場合、美術館は自動的にご予約日のうちご予約時間に一番近い予約可能時間で予約を確定いたします。

解約規定:
取り消しとショーのために、確認コードが予約に割り当てられたら私達は手数料(予約料金及びオンライン予約料金) 引く未使用の切符の費用を払い戻すことができない。

詳細

サン・マルコ教会・修道院は13世紀に創建され、15世紀初頭にはフィエーゾレのドメニコ派にこの建物が与えられたのだが、建物の損傷がひどかったため、コジモ・ディ・メディチが建築家ミケロッツォに命じ、1437年に改築が始められた。この建物には聖アントニーノ・ピエロッツィ、フィレンツェ司教、ベアート・アンジェリコ(1400-1450年)、後にジローラモ・サヴォナローラが身を寄せた。

長期にわたる建築物とフレスコ画の修復を終え、1869年に開設されたサン・マルコ美術館はフィレンツェで最大の宗教画コレクションを収蔵している。美術館の入り口は教会の右側にあり、入るとまずミケロッツォ設計の「聖アントニーノの回廊」がある。

回廊の南側に「巡礼者宿泊の間」の入り口があり、現在はベアート・アンジェリコの作品『サン・マルコの祭壇画』『アンナレーナの祭壇画』『十字架降架』などが展示されている。
東側には「大食堂」があり、16、17世紀の作品が並ぶ。マリオット・アルベルティネッリのコレクションの他、側壁には、ジョバンニ・アントニオ・ソリャーニ作のフレスコ画『聖ドメニコと天使たち』が描かれている。

隣は「洗面台の間」で、ベアート・アンジェリコとパオロ・ウチェッロのフレスコ画がある。ここから順に「フラ・バルトロメオの間」、昔行列の際に使用された旗が置かれている「アレッシオ・バルドヴィネッティの間」へと続く。

北側の回廊にはベアート・アンジェリコのフレスコ画『キリストの磔刑と聖人達』のある「参事会会議室」があり、更にこの北にある「小食堂」ではギルランダイオ作のフレスコ画『最後の晩餐』を見ることができる。この回廊の東側沿いにはフォレステリアと呼ばれる客室があった。二階への階段を上りきった正面に、ベアート・アンジェリコの代表作『受胎告知』がある。二階には修道僧の小さな僧房と図書室が設けられており、各僧房の壁にはベアート・アンジェリコによるフレスコ画『キリストの生涯』が描かれている。

奥にあるかつて修道院の院長室であった3つの部屋には、サヴォナローラの遺品が収められている。階段の近くには、ミケロッツォの設計の図書室がある。イオニア式柱頭のある円柱が並び3つの身廊をなしており、中央の身廊の天井は筒型ヴォールト、側廊は交差ヴォールトとなっている。以前そこには修道僧の細密画を描く作業や会合のために64のベンチが置かれていた。現在は、古代の遺物、ミサ典書、聖歌集、細密画などが展示されている。

開始時刻: 月曜日から金曜日への: 8:15 - 13:50; 土曜日: 8:15 - 18:50; 日曜日8:15 - 19:00 は月の最初の、第3 そして第5 日曜日、そして月の第2 そして第4 月曜日を閉めた。

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

 無料アクセス毎月第一日曜日。

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

コメント



ご注意:ご予約された場所へ入場するは、バウチャーのご提示がかならず必要となります。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2016 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95