Opificio delle Pietre Dure

Opificio delle Pietre Dure
最低料金 7.99

ツアーオペレーター Web95
Provided by Weekend a Firenze Srl
1. 日にちを選んでください
価格の詳細 ヘルプが必要ですか?

内容

OpificioデッレPietre Dure博物館としては午前中だけで開いて次のとおり:

    
*訪問は警備員によって、最大30人のグループに同行 されます。
    
*入口、4の入り口では毎朝(月曜日から土曜日までの 観光スポット)は、固定倍:8:30、9:50、11:10、12:30
5月1日に特別な開口部。
    *シングル、無料を参照して、これらのアクセス外側に は不可能です。
    
*セッション1時間の最大期間があります。

ご予約1日の通知を最小限に抑えて行われる必要があり ます。

の順序で、時間を節約!あなたのバスケットにしたいのすべての美術館のチケッ ト、次に[追加]フォームに記入し、要求を送信します。
ては、ご注文情報を読み取るのご予約の前に、

重要な注意:正常に予約が完了したら、2つの電子メー ル:お客様のご注文は、コピー後に確認のメール(1営業日(すぐにご注文を送信)と後)が表示されます。ためには、お使いの電子メールが正しくアドレスとは、 アンチスパムフィルターやウィルス対策弊社のア[email protected]いかチェックを挿入すること を確認を受信します。 AOLのメールボックスのユーザーのための特別手当を 受ける。

ご注意ください:確認の時間は、常にユーザーの要求 は、同じ時間ではありません。博物館は自動的に販売されて同じ日に時間があれば、要求に最も近い使用可能時間を確認します。

キャンセルポリシー:
キャンセルについては一度、確認コードが予約に割り当 てられているとショーのため、我々)が未使用のチケットを引いたのサービス料の費用(予約料金、オンライン予約料金を払い戻すことができます。

詳細

博物館はOpificio のdelle Pietre Dure の現在保存を専門にする現代中心に付け加えたりFerdinand I de ' Medici によって1588 年に公式に創設された半貴石の功妙な生産そして技量のための製造所から直接得る。博物館のphysiognomy は特定のコレクターの好みに対応しないが、反射および世紀古く功妙な生産のでき事より多くの生命のである。不完全な仕事が変更されたか、または続いて分解された仕事と共に研修会に後ろ、残ていた一方、最も著名な作成、頻繁にフィレンツェの壮大な公爵側のギフトはヨーロッパ中の宮殿そして博物館で、節約される。これらに19 世紀の分散存続したコレクションが博物館の形態で取った1882 年にしか終わらないそれらの人工物すべては加えられるように。いくつかが非常に印象的、洗練されている後の例は3 世紀に開く技能の歴史的なコースの輪郭を描くことで十分である。博物館は、なお、古代大理石および類別がその時に用いられる象眼細工の技術に左右される半貴石の重要な予備を所有している。博物館はAdolfo Natalini の設計への1995 年に、革新された。コレクションは主題に従って、アナマリアGiusti の指導の下で、再配列された: 大きいホール文書の仕事から作成された部屋はMedici 及びロレーヌの壮大grand-ducal 期間に19 世紀部屋がポスト統一の期間の仕事を含んでいる一方、作り出した。ホールの中二階は職人の技術に専用され、豊富な一組の少数のintarsia 及び象眼細工の仕事の生産段階の石造りのサンプル、工作台、用具および教訓的な例を含んでいる。それは、最初の設計からの完全なプロセスを、終えられた仕事に辿り、フィレンツェの美術史の魅惑的なエピソードの最も親密なメカニズムを発見するこうすればで可能全くである。

価格

チケットの種類

通常チケット

割引チケット:
18才から25才までのEU加盟国の国籍をもつ者(身分証明書を提示のこと)
イタリアの国立学校の常勤教師(身分証明書提示のこと)

無料チケット:
あらゆる国籍の18歳未満のお子様。12才以下の子どもは、建築学部、文化財保存学科、教育学科、文学部、考古学科か文化遺産科の文献学部、文学哲学部のいずれかに所属する教師か学生を同伴のこと。(同伴者が学生の場合は学生証を提示のこと)
アカデミアの教師または学生(学生の場合は学生証を提示のこと)
職務中の観光ガイド(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
観光ガイドに随行する通訳者(関係当局発行の有効期間内のライセンス提示のこと)
文化財・文化活動省の職員
イコム(ICOM国際博物館会議)の会員
大学等の教育機関、アカデミー、イタリア内外の研究機関、文化財・文化活動省のための研究目的、あるいはその他の特別な事情がある場合には、各施設の学長は、期間限定の無料入場チケットの要請書を発行することができます。

 

学校:
入場無料。ご予約は直接美術館にて行ってください。

チケット割引や無料の条件に該当する場合、あるいは特別入場無料日の場合でも、予約料及び特別展入場料はかかります。礼拝堂入場時には、割引のために必要な身分証明書を必ずお持ち下さい。

 

コメント



ご注意:ご予約された場所へ入場するは、バウチャーのご提示がかならず必要となります。オーダーの控えでは入場は認められません。例外は認められませんので、十分にご注意ください。

WafはWeekend a Firenzeとして登録されています。n.0469879 – cap.soc.€ 61,20000 – Copyright ⓒ 1995 – 2016 by Weekend a Firenze Ⓡs.r.l – Via Pistoiese 132, 59100 Prato (ITALY) – Fax +39-0574-401744 - P.IVA 02180560480 - インフォメーション

Powered by Web95